« スポーツ障害&慢性疼痛疾患、何故治らん? | メイン | 運動療法&リハビリテーション »

ストレッチング指導

恒例土曜朝練会です。

いくつかのグループに分かれて、個々にメニューをこなします。

俺グループは本日ライト。 有酸素&ストレッチ、ついでに腹筋。

ストレッチも久々レッスン形式でやってみました。 学生の頃は部やバイトで、社会人時代は講習で、いったい何百・何千回リードでストレッチをした事か。

治療過程で何でもかんでも 『ストレッチ、ストレッチをしろ』 と言うのは、低レベルな改善指導知識レベルだが、だからこそ本物の指導をしなければならない。 プチ自慢だが数年前に、その手の監修の仕事もした事もある。

何事もそうだが、深めれば深めるほど気安くなど出来ない。 だが残念な事に、治療でもスポーツでも週末チョイチョイ講習の奴ほど、安易に他人に提供してしまう。 卒後セミナーは本来、臨床の報告・情報交換の場でなければならない。 知識・技術は学生時代にほぼ終わられておくべきだ。 テクニックセミナーを安易に開催する側に最大の問題がある。

臨床を学ぶ大切さを判ってほしい。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!