« 鶴川駅も | メイン | 股関節脱臼 »

準備してリャほ~ら。

この数か月、春からの大幅改革に向けて毎朝7時からスタッフ研修を行っている。

知識・技術だけではなく、様々な業務改善のついてやるべき事は山積。

これがまた準備をしていると該当する事象はあるわ、症例疾患患者は来るわ。

果たしてその場合、どこまで受け止めるべきであるのだろうかと常に悩む。

“この症状はこう治す、こう良くなる” と学校で習い、言われたまま請売りで “頭痛・肩コリ・腰痛・関節痛、子供からお年寄りまで。 各種スポーツ新患、ダイエット承り中!!” とズラズラ広告・看板に書き綴る。

信用できるか! 行くかソンナとこ!!  よっぽど大先生なんだろうな。

特にオチは無い話だが、安請け合いはお互いの為では無い。 本当の意味で自分が診るべき症状や患者について、常に自問自答する。 自分の身の丈を自分で知る。 それが判って初めて知識が役に立つ。 知識が先に行く事は絶対に無い。

自分の事が判らないようでは、他人の事なんか判る訳が無いのは患者も治療する側も同じだ。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2008年02月21日 08:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「鶴川駅も」です。

次の投稿は「股関節脱臼」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36