« 卒後教育・講習会のあり方 | メイン | 生活習慣病予防週間 »

省資源・省エネルギー月間

あっという間に正月気分も終了で、既に2月突入。

2月は暖房など家庭のエネルギー消費がピークになる時期のため、1976年(昭和51年)3月に経済企画庁と「資源とエネルギーを大切にする運動本部」(現在の省資源省エネルギー対策推進会議)が決定し、1977年(昭和52年)からキャンペーンを展開している。

原油高が叫ばれる昨今、個人個人の省エネ意識が更に問われる。 キャンペーン等で見聞きする機会は増えるであろうから、意識も家族単位で変えてみなければいけないだろう。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2008年02月01日 09:49に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「卒後教育・講習会のあり方」です。

次の投稿は「生活習慣病予防週間」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36