« ダメ整体院ネタ再び | メイン | 何故増える? »

アロマセラピー・リフレクソロジー今昔

昨日久々1時間みっちりリフレクソロジーを受けた。

いやいや今日は快調快調。 しかも気心知れた信頼している先生の施術だから尚更効果絶大。


この数年、リフレ・アロマに対する考え方を変えた。

もうかれこれ10年以上も前の話になるが、ホネ・肉だけが原因では無い症状も、なんとか力になれる事は無いものかと考え、当時匂いが身体に与える影響 “アロマセラピー” を取り入れる事にした。

前職からの付き合いもあり、世界でも最も大きなアロマの団体の日本支部会長さん達と話し合い、団体から正式に治療院への初のスタッフ紹介へと至った。  自分でやれば一番安上がで色々都合はよいが、、いくらアロマの知識や技術があっても、本気でアロマセラピストとして頑張ってやっていきたい!という人の施術でないと意味が無いと考えたからである。

だが悲しい事にやって来る子やって来る子、ことごとく突然休む。 例えそれが患者の予約が入っていようとも。

始業時間になってもやって来ないので電話をしてみると、 『具合が悪い』 という。 「大丈夫? でも予約が入っているんだけど...」 と話すと、 『だってしょうがないじゃないですか。」 と言ってくる。

何人もの子が似たりよったりだった。

最後にある主婦の女の子が2年弱勤めてくれたのだが、その子が辞めるのを期にアロマセラピーも辞めた。

途中、本当に何十人もの応募と面接を繰り返したが、皆 “空いた時間で” とか “趣味の延長線上で” と言うのばかりだった。   『イギリスでは医療として認められてる』 と言ってみたと思ったら、 『日本では医療ではない』 と今度は言う。  そんな事ではなくて、アナタはいったい相手をどうしてあげたいの??  治して、良くしてあげたいの? 気持ちよければ全て良しなの?? そんなんだったら、繁華街にある怪しいマッサージと大して変わらないジャン。

その後数年、一時期よりアロマ、アロマと言うのを聞かなくなったのだが、この2、3年またそこここらで良く耳にするようになった。

現在は昔より、治療やケアを前面に出す所が見受けられなくなったような気がする。 治療する側も受ける側も変わってきたのか、それはそれでいい事なのかも知れない。  ただ、俺が考える良い先生は確実に減ってきた。 いや、そもそも殆ど居なかったのかもしれない。


本来は、本当に良い自然療法だと思うのだが...    残念である。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2008年01月18日 09:22に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ダメ整体院ネタ再び」です。

次の投稿は「何故増える?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36