« 柿生亜細亜食堂其の二 | メイン | アロマセラピー・リフレクソロジー今昔 »

ダメ整体院ネタ再び

昨日も自営業をされている患者さんと、何処で商売をするかと言う話になった。

会社員でも、少しでも自宅の近くで働く方が良い人(若い女性が多いわな)と、いやいや少し離れている方が良いだろと言う人に分かれる。

その患者さんとも、 “全ての人にとは言わないが、少しでも多くの人にとは思う” と言う意見はもの凄く一致した。

俺の様な整体院・治療院は、昔からダメな奴ほど地元や自宅に近くでやりたがる。 

では何故地元でやりたがるのか? 

例えば土地勘が、地の利があるから、知人が多いから、通勤が楽だからてな感じだろう。

だが、ウチの様な所に来る患者の大抵の症状は、折れても切れてもいない。 骨や肉では無い、他の部分の問題。  良くならない、治らない理由がどこかにある。  頭の先から足の先まで健康に良い、身体に良い事をしていれば違ってくるはずだが、誰しもそんな事は無い。 だからその違っている部分が他人より多いのだ。 

その間違っている部分を見つけて、指摘するのが俺の仕事。   気に入られたいと言う気持ちを捨てた時、患者が増えた。 そりゃ嫌われたいとは思わないが、嫌われることを恐れたら何も言えない。 


気に入られる事が目的では無く、治す事が最大の目的だ。 


病院、医者、歯医者だって、あんだけ勉強して努力して先生になっても、「あそこはダメだ」 とか 「あそこは下手だ」 と患者は素人のクセに勝手な事を言う。  そう言うモンだ。  大先生でもそうなのだから、俺らみたいな仕事はその何倍も文句は言われる。  その覚悟ぐらい出来てなければ始める以前の問題だ。

指摘された患者は顔は笑っていても、あまりHappyな気持ちにはならないだろう。  だからそれが知人・友人、子供の同級生同士の親だったりしたら、更に気まずい。

患者は一生来るわけで無い。  治ったら来ないし、嫌われても来ない。   仮に治って来なくなったとしても、町ですれ違ったら 「○○さん、最近どう?」、 『ま、まあ調子良いよ』、 「あ、あっそう」、 『じゃ、じゃあまたね』 になる。   嫌われて来なかったら更に気まずい。


年齢や経験を積んだ先生にもなれば、そんな町の言葉も吹き飛ばすぐらいの器になってくる。  その時はガツンと自宅で、 『いつでも来んかい!』 ぐらいで診るだろう。

て事で答えはコレマタ簡単。  若いか、開業数年で、近所・地元と言うところはよく考慮する必要がある。


先生が、 “治したい” という気持ちを最優先に持っているかどうかを見抜いて欲しい。


asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!