« 得意不得意 | メイン | 少し残念 »

感性とは

以前会社に勤めている時、よく感性について考えた事があった。

感性とは何ぞや?!

自分の感性に認識や自信があるか?

辞書で引いてみると意外と深い。

“感覚器官の感受能力”という意味と、“身体的感覚に基づく自然な欲求”という大きく分けてふたつの意味がある。 似てるようだがかなり違う。

前者は、それらが情報となり認識が確立される。知性に近い。 だが後者は理性より下位のものとされ、意志の力によって克服されるべきものとされることが多い。

現在でも前職でも思ったのだが、例えば患者や客の靴をフィッティングする時。 その人の思考がどちらに強く依存しているのか。 それにより薦めるサイズ・モデルが変わってくる。 個人的には後者の方が問題有りと思うが、残念ながら多いのは後者のパターン。 

昨日も、ある患者の男の子に靴のフィッティングをしている時、『僕は25~26cmの間だったら何でも良いですよ』 と言っていた。

男らしい!!

そうだ!そうなんだよ、俺もいつもそうなんだよ。そんなの少し履いてりゃ慣れるんだよ。 虫歯の銀歯だってそう。始めは誰だってキツ苦しいんだよ。 それをいちいち翌日歯医者に行って『キツイから治せ』 というタイプ。


「あんたは理性よりはるかに下位なタイプだよ。」 といつも思う...  

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2007年10月21日 09:36に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「得意不得意」です。

次の投稿は「少し残念」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36