« 中々良いんじゃないの~ | メイン | 得意不得意 »

自分の意識

以前こんな言葉を聞いた事がある。

“記憶は時間とともに薄れるが、想いは時間とともに募る”

殆どの人が共感できる部分があると思う。 

“記憶”と“思い”。 ともに自分の頭、気持ちの中だけでの事だが、普段それらを明確に別けて留めている事はあまり無いであろう。  だが言われてみれば、『あぁ、なるほど』と気が付く。

例えば肩凝りで来る患者。 肩凝りには揉んで良い肩凝りと、あまり揉まなくて良い肩凝りがある。 使って疲れて筋肉に疲労物質が溜まって凝ったのであれば、揉んで血行良くしてスッキリでお終い。 しかし忙しくてキリキリして緊張して過敏になって筋肉がキーッ! みたいなモノを、グリグリ刺激を送ったら余計過敏に反応してさらに筋肉がキーッ!!

だがそういう患者に限って『揉んでくれ』と言ってやってくる。 『強く揉め』と言ってやってくる。 今までも強く揉んでもらえるトコばっか行っている。 治っていないにもかかわらず、同じような所ばっか行っている。

気持ちが求めているものと、本質的に身体が求めているものが完璧ズレている。

自分の意識すら、自分で判っていない。  何かのきっかけで判ればよいのだが。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2007年10月19日 09:21に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「中々良いんじゃないの~」です。

次の投稿は「得意不得意」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36