« プチっと音が聞こえる | メイン | 接骨院か整体院か? »

ビリーズブートキャンプ考察

070504a.jpg

衰えるどころか、日に日に人気が高まっているビリーズブートキャンプ。 そろそろホントに知らない人もいなくなってきたのではないか。  

うちの患者も数え切れない数の人が、こっそり買ってやっている。 だが、本当に1週間以上毎日続く人は1割ぐらい。  俺は毎日3週間やった事があるが、ウェストが6~8cmダウンした。 

今朝もうちのスタッフ達は一生懸命ビリーと格闘していた。(現在はエリートをやっている。)   ウチで一番若手の女性スタッフはビリー終了後、腹筋1set100repを俺に付き合わされる。 そこで、ビリー中より汗がドカッと出る事について話す。

何故汗が出るのか?汗が出ると言う事はどういうことか?? 何の為にビリーをやっているのかと。

確かにビリーはいいトレーニングである。 不自然な捻りも無く、無駄な衝撃(インパクト)も少ない。しかも小さな筋肉や普段使わない筋肉もトレーニングする。 だからいじわるだし、辛い。  オマケに立位中心の為、骨盤(仙腸関節)は常に安定位にあり傷害の可能性も低い。  関節の運動学を最低限学んでいれば容易に判る事。  だが逆を返せば、いじわるなトレーニングだが安全な分、トコトンまで追い込んでいる訳ではない。 やってみた方はわかるであろうが、全員がCMの様に激痩せする訳ではないのだ。

では何故その差が出るのであろうか?! 痩せる為にやっているのであれば、動きを止めず動き続け脂肪を燃焼させなければならない。 もし筋肉を引き締めたいのであれば、ビリーバンドやウェイトを持って負荷をかけ、筋肉痛にさせるぐらいやらなければならないのである。

ビリーが画面の中で何度も繰り返して言っている。

『諦めるな!!』 と。

そうなのだ! いじわるなトレーニングを止めずに続けられる根性がある奴こそ、ビリー以外でも気を使い、効果が出るのだ。 そもそもビリーも続かないような意思の弱い奴は、効果は絶対出ないよって事。目的意識も無く、ただダラダラやってたって効果なんて出る訳無い。

それが実体感として判ってこそ初めて、患者にビリーの事を聞かれて「これこれこうだから良いですよ。」とか、「今は止めた方が...」になる。

どの患者にも、誰にも彼にも、『腹筋して、腹筋して』 『ストレッチ、ストレッチ』なんて馬鹿なアドバイスなど、しなくなるはずであろう。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2007年06月08日 09:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「プチっと音が聞こえる」です。

次の投稿は「接骨院か整体院か?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36