« 保険証がなんだ!! | メイン | 友人に学ぶ »

魂を込めるという事

070529a.jpg
休診日の昨日、来月に予定しているウォーキングの下見に行ってきました。 いやはやなんともバテたバテた。 運動しているつもりでも、色々な体力があるって事をいつも思い知らされます。 
いやいや今回はウォーキングの話ではなく、その後下見の打ち上げ(ナンか変だけど無視無視)で行った店の話。

小田急相模原駅の、とある串揚げ店なのだがそこが旨いの何のって!!    生まれて初めて串揚げと言う物を口に入れたその店(少しオーバーか)。 学生時代から知っている店なのだが、味が全く変わっていないどころか未だ行く度に進化しているのだ。   社会人時代も 「僕は串揚げが大好物です!」 と各方面に言い続けたおかげで、関西出張に行く度に取引先が『ココは有名やっ!!』と言う串揚げ屋に何軒も連れて行ってくれた。  しかし、どうしても俺の中でその小田相模の店を越える店には出会えなかった。

070529c.jpg
昨日は尊敬する某女史と共に皆で訪問した。   俺がどうしてそこの店が一番旨いと思うのか?その理由が長年判らなかったのだが、その女史が俺の目から鱗が落ちるような事を言ってくれた。

旨い旨いと喜んでくれたその某女史が突然、 『ここの料理には、どの串にも魂がこもっている』 と言った。

なるほど、その通りだ! 何度もこのブログでも触れた成瀬にあるちょい馴染のラーメン屋。そこの若いマスターも魂がこもっているのだ。 俺の商売だって、いやむしろ俺の職業こそ魂を込めなければいけないのではないのか?! 

喧嘩しても言いあっても、絶対治すぞ!と言う魂。(美と健康なんていういい訳は無しね)    いっその事 “Soulful Chiropractic”って言う屋号にでも変えてみっか...

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2007年05月29日 09:07に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「保険証がなんだ!!」です。

次の投稿は「友人に学ぶ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36