« 予約取らない・取れない?! | メイン | コツコツ整体サイト更新中 »

何故治療をする・受けるのか?

 学生時代も勤めた会社もスポーツ系。運動をすればするほど、勉強をすればするほど疑問に思う事があった。

様々な指導の立場にいる人達から、『運動だ・スポーツだ、健康だ・ヘルシーだ・ナチュラルだ』と言われトレーニングを積むが、ある一線以上心身に不調をきたすと、『病院だ・医者だ、薬だ・注射だ』と。挙句の果てに『気持ちが弱い』とか『根性が無い』とか言われる。(←あいにくこれは言われた事が無い)

「おかしくねーか?!」といつも思っていた。

明敏な指導者なら故障を起こさせない知識、起こした場合のケアを知らなければならない。故障をさせている時点で問題外だ。
ハードなトレーニングをして故障をする。たまたま故障をしないでついて来れる選手だけがいい選手というのは30年以上前の話である。

例えばプロ野球、これもこの15年で選手に対しての考えがだいぶ変わった。昔は、強い選手がいい選手、速い球を投げれるのがいい選手だった。今は違う。長くチームに貢献してより多く利益をもたらしてくれる選手がいい選手である。何億も払って外人連れてきても、数ヶ月で帰ってしまえばバカみたいである。

誰も教えてくれる人がいなかった。いなきゃ自分で勉強して考えるしかない。ある意味、ミイラ取りがミイラになってしまった。(ん、この例え間違ってる?!)

選手や患者として、本当に誰を信じ、誰について行くべきなのかを考えてみてくれと思う。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2006年10月26日 09:23に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「予約取らない・取れない?!」です。

次の投稿は「コツコツ整体サイト更新中」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36