« 神奈川“横浜開港祭” | メイン | 梅雨入り前 »

子供のスポーツケア

 ずっと昔から言い続けている話だが、かなり毒舌なので意固地な方はここで他をクリックした方が良いでしょう。


 今現在、積極的に子供(小中高校生)の治療は受け付けていない。 こちらが提案した治療が続かないのである。  何故か考えた。  私の勝手な個人的主観だが、続かない子に特定のパターンを見つけた。   パパ・ママの車の送り迎えでなければ来れない子である。 別に夜遅いわけでもなく遠方でもなく、高校生の男の子でもだ。 しかも歩いても5分とかからなくてもだ。

 確かに昨今物騒ではあるが、本当にそれで良いのであろうか?  毎朝通学の為の駅まで車の送り迎え、私的には信じられない。 毎朝駅までチャリやバスで行くという、そんな簡単な日常もラクして避けて通れるのだから、もっとめんどくさい事はもっと避けて通りたくなるであろう。子供の思考なんてそんなものだ。(もっぱらその場合、パパの事もママが送り向かいしているから親も言えんがね。)

 不都合があればすぐに人に頼る。 続かないし頑張れない。  知人で子供にスポーツを教えている奴が言っていた。 「どうしてうちの子は試合に出れないのだ?」、「楽しくやらせたいからもっと試合をやれ」とよく言われると。 練習しなきゃ上手くならんだろ?そんな事わかんないのか?? 才能を伸ばしたいとか、頑張っているからとか...  そりゃ好きな事はバカでも出来る。頑張ると言う事は、「もー嫌だ、もー辛い、もー辞めさせてくれ」と言う所からどれだけ出来るか、頑張るかだと。 だからお宅のお子さん頑張っていないから!と、つい言ってしまう事もある。(これは少々言い過ぎだから、最近は自主規制中。)

 何の為にスポーツをするのか、させているのか考えて欲しい。 私は断固として、“集団生活”とか“忍耐力”の為だと思う。 楽しくとか、やりたいと言っているからやらせていると言うのは理由とは認めない。

 スポーツ選手は皆どっかしら痛い。今からビビッてどうする。親がビビれば子供もビビる。 上記を踏まえたうえで理解してくれたらしっかり診る。責任持って診る。 
中学生でも茅ヶ崎から毎週数年間来る子もいるし、小学生で聖蹟桜ヶ丘から電車を乗り換えて来る子もいる。ともに女の子だ。 そんな子がいる事もよく考えて欲しい。

(あ~、こんな事書くから患者増えないんだろうな。 まぁ、本音だし会えばどうせ話しているからと言う事で、不愉快に思った方はうちには来ない方がいいな。)


asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2006年06月02日 09:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「神奈川“横浜開港祭”」です。

次の投稿は「梅雨入り前」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36