« 花粉症と整体治療 | メイン | 在宅ケア専門ブログ開設 »

コアトレーニング

core.jpg
“コアトレーニング”という言葉をよく耳にするようになったのはこの5、6年。
しかし、体幹を意識したトレーニングプログラムの作り方は、何十年も前から行なっていた。
ブームになると、書籍やWeb等で様々な情報が手に入るせいか、それらを “読んで、覚えて、やらせて、はいOK!” みたいな指導が増えてくる。
何のためにコアをトレーニングするのであろうか?
例えば職人のような細かい指先の作業。 始めは誰でも上手くは出来ないが、経験を重ねるうちにだんだん細かい作業ができるようになってくる。
はたしてそれは、指に筋肉が付いたから出来る様になったのであろうか? もちろん違うことに気が付くであろう。
大切なのは、その人が抱える不満や問題点が、何に起因しているか(例えば神経支配かパワーなのか)を理解することから始まる。
この20年、多くの指導者や治療家と会ってきたが、本質的に相手を理解しようとする人は決して多くなかった。自分の知識を投げつけるのである。本人の言葉ではないのだ。
小生もまだまだではあるが、机上の理論まんまではダメなのである。
自分自身としっかり対話が出来て、初めて結果や効果は出る。
うちの2Fでも、EXボールなどを使って指導を行なっているが、教えて欲しいと言われたからといって、ハイハイとは教えない。お互いが自分自身をしっかり理解し、目的意識を共有することから始める。
決して、昨日今日の流行り物エクササイズで痛めない為にも、情報は吟味して欲しいものだ。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2006年02月17日 10:11に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「花粉症と整体治療」です。

次の投稿は「在宅ケア専門ブログ開設」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36