« 2006年01月 | メイン | 2006年03月 »

2006年02月 アーカイブ

2006年02月02日

四十肩・五十肩

mlt.jpg私事ではあるが、昔から大型のバイクに乗っている。
車もバイクも、エンジンを下ろしてバラバラにするのは得意だが、運転はめっぽう下手くそ。実質、原付が限界域。

先日も残雪にのり、見事転倒成功。 不覚にも両肩を痛めてしまった。

数年前もスケボのランプで転倒をし、右肩を完全脱臼。 「自分ではこう治すんだ」と教わってはいたが、もちろん練習など出来るはずも無く、初自分整復。

今回、軽症の左肩はすぐ治ったのだが右肩は残った。 関節包内の異常は解決したが、筋の問題が残存。
完璧な治療・ケア、適切なタイミングでの自分リハビリに移行したが、これが痛いの何のって。

今年は、人の痛みのわかる、ハートフルな治療をしようと決意した...(無理だと思うが)

ちなみ予後一週間はまったく上がらなかった右腕右肩も、もちろん今は完璧完全治癒完了。


2006年02月05日

整体的睡眠助言

今週は毎晩22時過ぎまで忙しかった。新規の患者さんも多く、皆さん疲労蓄積がピーク状態。
既存の患者さんとの会話の中にも、疲労が取れないとか眠りが浅いというのが幾つかあった。

うちの整体院内には、テンピュールマットレスの体験コーナーも作ってある。
理想的な寝具を体験してもらい、それを覚えて家に帰って、同じようになる様に布団を調整してくれと言う。それでいつか布団を買い換える時が来たら、いつも自分が寝ているのと同じ寝心地の布団を買ってくれと話す。広告のうたい文句で買ってはダメなのだ。

そんでもって、できればうちで買ってねとも、ちょっと付け加える...

“麻生区整体院日記” 更新

最近増やしたコンテンツ、“麻生区整体院日記 ” 更新しました。
何だか書き始めてみたら、こっちの方が一番面白くなりそうです。

2006年02月07日

ロードレース

s610i-seg.jpg最近ちょっとしたきっかけでロードレース(自転車)関係のブログによくリンクを貼ってもらっている。
もうかれこれ10年近い知り合いで、本気でロードレースに取り組んでいる男の子がいる。今までも時折チェックはしていたが、昨年はケツを蹴飛ばしてトレーニングとケアをさせている。
少しプロフィールになるが、前職の会社で、一時期アウトドア事業部に籍を置いており、自転車関係の用品の輸出入をやっていた。ブログから辿って来た人の中には知っている人もいるかもしれないが、MTBだとKHS、センチュリオン、ショーグン等、用品だとGIRO、QR、HED、POLAR、etc...  中でもPOLARは特に思い入れのある商品。サイクルのマーケットは一手にやっていた。
私自身、三流選手ではあるが学生・社会人時代、とあるスポーツをスポンサーを付けてやっていたことがある。 学生時代から心拍トレーニングは専門研究分野。呼吸器・循環器は最も勉強していた。今現在も当院で心拍のコンピューター解析も行なっている。興味のある方、連絡をもらえれば出来る範囲で協力はしたいと考えている。

“独り言 ”追加

嬉しいことに、ロードレース(自転車)関係のブログを辿って来た人が最近増えたので、追記しました。

2006年02月08日

やはり悪天候は強い

毎度同じネタばかりなので、今回が最後にしよう。
昨日の午前中、もともと予約は全コマ埋まっていた。
前日の夜、麻生区にも雪が降ったが、キャンセルどころか、全員遅刻もせずに来てくれた。
いつも車で来る患者さんなんか、「雪があるから今日は歩いてきた」と言うくらい。
そこまでして整体院に来たいと思ってくれるなんて、ものすごく嬉しい。
それに倍答えられるよう、努力努力。

2006年02月09日

妊婦さん向け整体・カイロ治療

baby.jpg
最近皇室だけではなく、当院の患者さんでもおめでたブーム。
もともと常に2、3人の妊婦さんはいるが、6、7人に増えてしまった。
出産の前日でも治療はできる。ただ、妊婦さんは心身ともにデリケートだから、「無理にでも来い」とは言わないし言えない。
「これが妊婦さんの治療だ!」と言うのではなく、お腹が大きくなれば腰も背中も張ってくる。何かしてあげれることは無いかと考える。
男性にはけっして体験することの出来ない、人生の中でもとっても貴重な期間。その時期をつらく苦しいものにしないで、大切で幸せな時として過ごせる様にしたいと思う。

2006年02月11日

手足の冷え性

blood2.jpg
当たり前ではあるが、寒い時期は冷え性の相談・説明をする機会が多い。
たとえば冷えを感じる一要因に血流の問題がある。
先日ある患者の女の子が、半年前からヨガを始めたら手足の冷えがまったく無くなったと言っていた。(まぁ、ヨガを頑張り過ぎて他がおかしくなって来院されたのではあるが...)
血流を阻害する理由に、交感神経の問題が上げられる。交感神経がプラスに対して、副交感神経がマイナス。お互いのバランスが取れていて身体は正常に機能する。肩こりでも冷え性でも、刺激を送りすぎて悪化するケースもある。押したり揉んだり、グキッ!バキッ!も考えてやらねばならぬ。
ヨガやストレッチは副交感神経に良い影響を与え、余計な緊張が取れ、終わったあとスッキリした気持ちになるのはそのせいである。
治療でもやりゃ良いってもんじゃあ無い。

“面白解剖基礎講座 ”更新

baby2.jpg
久々に“面白解剖基礎講座 ”を更新。まとめてアップしました。
講座と言うより、考える糸口になれば...

2006年02月14日

整体院を紹介したり、紹介されたり。

昔は「腕が良けりゃ、患者は遠くからでもやってくるんだ」と教わった。
この10年、同業者が一気に増えた。(うちも人の事は言えないが)
近所にこんだけいっぱいあれば、昔のようになかなか遠くから来る事は減った。
しかしこの一年、少し状況が変わってきたようだ。
遠くからの患者が多いのである。くだらない自慢になるから、 “うちは何処何処から来ている” なんてここでは言わないが、増えてきたのは事実。
「何を見て、当院をお知りになりましたか?」と尋ねると、ネットなのである。
これは時代なので理解できる。

面白いのが、同業(整体院・カイロ)の知人からの紹介が多い事なのである。
転勤等の引越しや、知人・友人が腰痛で困っているから良いとこ無いか? らしい。
ネットは確かに便利だが、読み手側に正しい情報だけをふるいにかける能力が要求される。
どこぞやの文献を丸まる切り張りしたようだったり、こんな症状がこんなに治ったとかの記事に疑問を感じるのであろう。
本当に正しい情報を欲しがっているのではないか。

紹介は広告で来られるより、ものすごく嬉しいが、プレッシャーも多い。
知人・友人の顔に泥を塗るわけにも行かない。
今更だが、自分だけの力ではなく、みんなに支えられているなと思う。

今年はもう少し気持ちを引き締め、知人・友人を大切にしよう...

春に向けて次のステップ

これから春に向けて、当整体院2Fコンディショニングラボでトレーニングをする方が毎年増えてきます。
指導予約の枠には限りがありますので、指導ご希望の方はお早めのご連絡をお待ちしております。

2006年02月16日

花粉症と整体治療

mask.jpg
早い人はそろそろ出始めた“花粉症”。
既存の患者さんからは「何とかなりますか?」という相談は多い。
体質のタイプにより色々治療を組み立てる。
地道な体質改善努力と予防で今年も乗り切ろう!
(画像は昨年のお奨めアイテム3M社製)

2006年02月17日

コアトレーニング

core.jpg
“コアトレーニング”という言葉をよく耳にするようになったのはこの5、6年。
しかし、体幹を意識したトレーニングプログラムの作り方は、何十年も前から行なっていた。
ブームになると、書籍やWeb等で様々な情報が手に入るせいか、それらを “読んで、覚えて、やらせて、はいOK!” みたいな指導が増えてくる。
何のためにコアをトレーニングするのであろうか?
例えば職人のような細かい指先の作業。 始めは誰でも上手くは出来ないが、経験を重ねるうちにだんだん細かい作業ができるようになってくる。
はたしてそれは、指に筋肉が付いたから出来る様になったのであろうか? もちろん違うことに気が付くであろう。
大切なのは、その人が抱える不満や問題点が、何に起因しているか(例えば神経支配かパワーなのか)を理解することから始まる。
この20年、多くの指導者や治療家と会ってきたが、本質的に相手を理解しようとする人は決して多くなかった。自分の知識を投げつけるのである。本人の言葉ではないのだ。
小生もまだまだではあるが、机上の理論まんまではダメなのである。
自分自身としっかり対話が出来て、初めて結果や効果は出る。
うちの2Fでも、EXボールなどを使って指導を行なっているが、教えて欲しいと言われたからといって、ハイハイとは教えない。お互いが自分自身をしっかり理解し、目的意識を共有することから始める。
決して、昨日今日の流行り物エクササイズで痛めない為にも、情報は吟味して欲しいものだ。

2006年02月18日

在宅ケア専門ブログ開設

膝・肩の関節痛やぎっくり腰。
次回の来院までの間、自宅でこんな体操してくれたらすぐ治るんだけど... と言うのが時折ある。
今までもさんざんプリントを渡したりしたがダメ。
目の前でしつこくやって見せた方が多少マシ。でも忘れてしまったらお終い。
プリントなんかどっかにしまってしまえば探すのも面倒。
今度はメールでのアドバイス&ブログで指導。
さぁ、これでどれだけの人が携帯片手にやってくれるのであろうか?!
この数日間教えた人は皆、やってくれているようだが...
(URLは個別告知)

2006年02月21日

休診日は自分ケア

私もうちのスタッフも、休日はお金と時間があれば必ず整体院やマッサージ院に治療に行くようにしている。 昨日も全身お世話になってきた。
さぐりや偵察で行くのではなく、自分たちも疲れるし腰ぐらい痛いし。
なけなしのお金をはたいて行くと、知り合いや先輩の所に行くより色々良くわかる。
1万円以上していても良い所もあれば、うちより安くても「チクショー」と思う所もある。
とは言え、やはり行くのはいつも大体、馴染の先生の所になってはしまうが…

そう言えばうちにはなぜか昔から、同業者の患者さんが数人いる。
これまた嬉しい事ですな。

2006年02月22日

産後の生活とベビービクス

baby3.jpg
最近妊婦さんの患者さんが多いのは、以前書き込みましたが、と言うことは産後の患者さんも多いのです。もちろん今後更に増える予定...
赤ちゃんがいるママほど、忙しくて整体治療に来れません。
そこで先日の“ケア専門ブログ”を活用しない手は!! 
アメリカのママの、忙しい育児中でも家族みんながしっかり栄養を取れるような、クイックメニュープランの紹介や、ママが赤ちゃんに出来るマッサージや、発育・発達を促すベビーエクササイズ。大切なスキンシップを図解付きで作成中。
長く勤めてくれているスタッフのおかげで、以前から考えていても出来なかった事がどんどん提案できる、今日この頃です。

2006年02月24日

他人の事より自分の事?!

外反母趾なら靴の話、朝痛いのなら寝具の話。世の中に情報が多すぎるせいか、その手の相談は最近すごく多い。誰にも負けない腕の見せ所。
前職で、自社以外の靴を履いているのを見つかると怒られた。
当たり前と言えば当たり前。
これから自分がやろうとする事を、自分が一番理解する為にはまず実践しなければならない。
治療中に患者さんから靴や枕、布団の相談を受けることは多い。
自分で使っていないのにアドバイスするのは、他人の請売りでインチキ。
患者に勧める枕や靴ぐらい毎日使えとスタッフには言う。 説得力無いでしょ、先生が別の使ってちゃ?!
先日も少し書いたが、昔からうちに見学に来た学生たちには 「自分でかね払って治療受けに行け!」 と言うが、これがまた色々言い訳つけてなかなか行かない。 目線が患者さん側に無い。わかって無い。
ようは患者さんのほうが目が肥えているって事。営業時間や休診日、少しの会話で患者さんには見透かされますよ。
だからうちは説得力には自信あるよって話。

“麻生区整体院日記 ”更新

毎日治療の数だけ書くことがいっぱい。未だに日々勉強させられる事があります。
そんな内容を“麻生区整体院日記 ”にコツコツアップ中。

2006年02月25日

“在宅ブログ”更新

マタニティビクスを追加。
学生時代に長い間水泳も教えていた時のマタニティ水泳指導を思い出す。
これがまた結構整体の治療にも役にたったりする。
ご興味のある方は、来院時スタッフまでお尋ね下さい。

2006年02月26日

見つかっちゃいました...

ついに見つかっちゃいました。「そろそろ誰か気づくだろうな...」とは思ってはいましたが、昨日ついに第一号の患者さん登場!  
実は、メンバーサイトで約1年半続けた「週刊体操講座」、そ~っと昨年末でフェードアウトしたんです。 
もともとは、うちのスタッフ達の向上の為に始めたもの。 「この体操とこの体操をやってください。それでその次はこの体操」と、体操ぐらいしっかり組み立てれないのであれば、治療の組み立てなんか夢のまた夢。本に書いてある事をただ患者さんに喋るじゃなくて自分で考えなさい! と言う目的。
少しは向上したようなので一応一区切り。
次ステップで、先日立ち上げた“在宅ブログ”。内容もよりバージョンアップ!!

しかし、誰も見ていないと思っていたのですが、コアなファンがいたとは驚きです。
(@_@;)

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About 2006年02月

2006年02月にブログ「神奈川県随一のスポーツ専門治療院!       “麻生スポーツ理学センター” BLOG」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2006年01月です。

次のアーカイブは2006年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36