メイン

POLAR(ポラール)心拍塾 アーカイブ

2009年08月21日

POLAR(ポラール)上昇高度トレーニング

Prt24.jpg

先日いただいた夏休み、毎度の事ではありますが長野の山中を毎朝5時前起きで10kmほどランニングをしております。

ただ毎回ダラダラジョギングするのでは無く、テーマがあります。

今回は “高度” を意識した走りのパターンをいくつか試してみました。 現役でレース出ていたころには、坂はただ根性で登っていましたが、歳をとり根性だけではどうにもならなくなってしまいました。(爆

って事でココは一丁道具に頼ります。 

冗談はさておき、登りだけでは無く下りの心拍、トータルの上昇高度も管理しながらピッチ・ストライド・ペース配分を考えてみました。

結果、現時点でのいくつかの最良のパターンを見つける事も出来ました。 と同時に、弱い所を強化するパターンも考え、GPSも使ったコース作りに役立ててみました。

いいですね、昔はそんな機械は存在しなかったですし。 素人でも客観的に分析がパソコンで出来る時代ですから。 興味のある方は来院時直接お尋ねください。

2009年04月11日

POLAR(ポラール)って誰が使うの?

090410a.jpg

まずハートレートモニターって何のために使うの? そこから考えてみましょう。


ハートレートモニター(心拍計)は、文字通り心臓の動きをモニターする道具。

その心臓の動きから、様々な身体の情報を得る事が出来るのです。

云わば自分の身体の声を簡単に、正確に聞く事の出来る最良のアイテムなのです。


ハートレートモニターといえば、一般的にスポーツ選手が使用することを多くイメージし、アスリートの為の道具のように思われがちですが、実際はちょっと違います。  スポーツを愛好している人全員がトップアスリートである訳は無く、多くの人が今以上の成績や身体を目指す“過程”にいる筈です。


それはスポーツ愛好者も、そうでない一般の人も同じなのです。


今現在の自分自身の状態を正確に把握し、それに合わせた無理の無いプログラムを組んでこそ身体的発展があるのです。


まず何を知るべきなのか? 道具の使い方を知るのが先か、自分自身を知るのが先か?!


それが判ってこそ、ハートレートモニターが自分自身と語り合う最良のパートナーになりえる事でしょう。




**頭痛・腰痛(ぎっくり腰)・関節痛 スポーツ障害、リハビリテーションならお任せ下さい**
麻生スポーツ理学センター(http://www.asao-sp.com)
***新百合ヶ丘・柿生 麻生区、小田急線沿線で整体・カイロ・マッサージをお探しなら***

About POLAR(ポラール)心拍塾

ブログ「神奈川県随一のスポーツ専門治療院!       “麻生スポーツ理学センター” BLOG」のカテゴリ「POLAR(ポラール)心拍塾」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。

メインページはこちらです。

Powered by
Movable Type 3.36