子供のスポーツ障害と大人のスポーツ障害は違う話し。

運動会の秋、スポーツの秋で、下は幼稚園、上は大学生まで子供、学生の患者さんが辛くて痛くてこの時期多くやって来る。

特に問題は小学生以下。 走ると痛い、触っても痛いという割には昼休み友だちと走りまわっていたり、家で兄弟で暴れ騒ぎまくっていたり。 先日もまさにその通り!!と言っていたお母さん。

痛みというモノの学問、概念をしっかり理解していなければ、小児の治療にあたる事は出来ない。 解剖生理だけで治らないのが小児科学なのだ。

まさしくウチの真骨頂はそこにある。 テーピングやサポーターで抑え込み、揉んで電気で誤魔化しなどはもっとも駄目。 感受性が一番豊かのこの時期に、学ばなければならない大切な事があるのだから。

勝ち負けだけでは無い、子供のスポーツをやらせる本当の意味。 先ず大人が理解していなければ。 其れを商売・食い物にするなど言語道断。 お天道様に今日も真正面向いて歩もう!

#子供のスポーツ障害 #スポーツ障害 #子供のサッカー #子供の治療 #スポーツ傷害

負け続ける事こそ進化する事。

久々晴天の週末。 様々なところで色んなスポーツの大会が催されている。 近所の公園もサッカーちびっ子たちの大集団で朝から大賑わい。

スポーツも科学が進み、情報も増えた。 其れ自身は悪い事では無いのだが、情報を得た事によって理解し身に付いたと勘違いし、其れを他人へ伝え教える事の危険性が年々増えている。 直球でいえば、未熟で粗悪な勘違い指導者が増えた。 

何事も技術を磨きあげるには、経験を積み上げる必要がある。 しかしその必要性を理解せぬ経験不足の事実が、既に露見し始めている。

話しは飛ぶが、20年ほど前、オートバイの世界グランプリで年間タイトル5連覇を達成した某レジェンドライダーがいた。 しかしその彼が怪我で引退をした翌年から、そのオートバイメーカーは大きく苦しんだという。 あるコラムで読んだ、メーカーが苦しんだその理由というのがとても興味深いものであった。

それこそ単なる情報であるので信憑性は如何なものなのだが、年が変わり新型のバイクが登場するとそのライダーは毎回 『去年のバイクはこうだった、もっと去年のバイクみたいにこうして欲しい』とメカニックに言い続けたらしく、 結果気が付いたら数年前のバイクから大きく進化出来ていなかったという。

決してライダーが悪いという話しでも無ければ、誰が悪いのかという事では無い。 勝つ事だけが前進に繋がるのでは無く、むしろ負ける失敗する事こそが進化・前進に繋がるのだ。

何でもかんでも教わり教え、失敗しないように負けないように、勝てるようにお膳立てするのが果たして良い事なのか?!  失敗を楽しめるほどの度量を養うべきなのではないのか?  スポーツとはそういう場だと、小生は理解している。

すべてのスポーツ選手、スポーツ愛好家へ、失敗を恐れず、挑戦し続けてほしい。 勿論怪我だけはせぬように。 よい週末を。

#サッカー #マラソン #トレラン #失敗 #怪我 #オートバイ #WGP #モトGP #スポーツ障害 #整体

ぎっくり腰、一歩も歩けない、ゴメンナサイ。

昨晩も仕事中にクシャミでやってしまった、ぎっくり腰患者さん。 月一メンテナンスでやって来てくれている仲の良い男性。 だからホントに申し訳無い。m(__)m  そうならない為に来てくれているのに...

スポーツ選手の患者達もそう。 全員常にベストの状態で練習や試合に臨めるよう、治療・ケア・トレーニングを請け負っているのだが、全員を常に勝たせてあげれていない事に自己嫌悪を覚える。

この20年、毎晩必ずやっている事。 それは今日来た患者の治療、全員をふり返り見直す事。 当たり前の事を当たり前のようにならねばならない。 その昔、雇って欲しいと言っていた若者が、其れに意味があるのかと聞いてきた。 当然その場で帰ってもらった。 以前勤めていたところでは、見直す事など皆無だったようだ。

人間の脳は反省と後悔で進化すると、脳科学者の先生が言っていた。 落ち込む事も多いが、避けてはいけない。 そしてまた一歩、前へ進もう。 患者と共に。

#腰痛 #ぎっくり腰 #整体 #求人 #クシャミでぎっくり腰

腰痛とハンモック

ハンモック泊というキャンプジャンルがあるのをご存じか?

まずテントを持って行かないので装備がミニマム。 それと意外なのが、冬寒く無い。 そもそも冷たさは地面から伝わって来るので浮いてるからそれが無い。 故に断熱マットも要らない。

そして最大の利点が、ナント腰が痛クナイ!!(@_@;) 

コレ、小生自身も予想外。 いや、考えた事も無い。 実は室内用ハンモックは20年前から自宅にあり、昼寝が快適なのは知っていたが、一晩寝るというのは今まで未経験。 車中泊キャンプ歴は数年あるが、本格的キャンプデビューは今年からの超初心者。

ビギナー故に偉そうに語れはしないが、先日も30年前のオンボロミニバイク+15Lリュックのみという、ミニマムキャンプを断行してきたのだが、ハンモック泊で一晩グッスリ! ポラールでの睡眠の質もいつも以上。(どんだけいつもが悪いんだか...)

勿論全ての腰痛、状況状態で痛くないとは言わないが、姿勢やポジションより "支える" という事の重要さを考えれば納得できる回答。 ハンモック恐るべし...

匿名でキャンプYOUTUBERはじめたんで、見つけたら是非チャンネル登録を。(現在たった4名というwww )

#キャンプ #ハンモック泊 #腰痛 #ハンモックは腰が痛くない #ソロキャン #ぼっちキャンプ

熱意と情熱で治療が無料!

もうかれこれ20年以上になるが、ウチでは昔からアスリートサポートプログラムというのをやっている。

年齢も性別も、学生も社会人も、勿論プロもアマもレベルも問わない。 面接をして決めるのだが、残念ながら全員をサポートはしない。 タダで何かしてもらえる、何か貰えるという気持ち全面で来る者も多く、当然OKは出さない。

必要なのは熱意と情熱。 そして謙虚にひたむきに努力する姿勢。 それが言葉から、表情から目から見受けられるか否かだ。

ただ美味しいものをお客に食べてもらいたい、その一心で料理を作る調理人の店には客が絶えない。 我々も同じで、ただ治してあげたい一心で治療するところには患者が絶えない。 仕事もスポーツも同じ。 今が辛くとも、軸がブレ無ければ結果は必ず付いて来る。

欲に取りつかれ、目的を見失わぬよう。 そして協力しよう!頑張れ!!

#アスリート #スポーツケア #トレーニング #スポーツ障害 #スポーツ整体 #サポート

痛みと不具合・不調の違いの差は大きい!

先のオチを言ってしまうと、車好きの者なら車が壊れる前に絶対不調が分かる筈。 人間の身体も同じ。 痛くなる前に絶対わかる不調や不具合がある。 いや、心当たりも含めある筈なのだが、生活・性格が影響し、見落とす。

スポーツなど尚の事そう。 激しく身体を使っているのだから、他の何倍も痛める確率がある。 痛くなったらスポーツどころでは無い。 だから痛める前からケアをし、自分の身体の声を聞き、体調を整える。 故に慰安と癒しで終わっては論外

先日、来季選手としての出場を示唆したイチロー選手だが、おそらく彼はその部分で言ったらおそらく世界一だろう。 見習いたくてもい見習えないレベルである。

いつの患者には、自分の身体の声を自分で聞けるようにする事をテーマとして、全員に治療している。 痛める前の不調や不具合を、毎回の治療の中で伝え教えている。 其れこそが最大の防御であり、自分自身の為の、真のトレーニングなのだ。

他人の情報に耳を傾ける前に、まず自分の情報に耳を傾けて欲しい。 我々はその手伝いを全力でするのみである。 明日に向かって!

#トレーニング #イチロー #スポーツケア #治療 #スポーツ整形 #スポーツマッサージ #スポーツ整体

カッコいい男性、先輩。

豪快に酒呑んで呑み歩いて、旨い寿司や知っていてカッコイイと思う。

だけどお腹が出て無ければ、もっとカッコイイと思う。

毎日走って泳いで速くて、強くて勝ってカッコイイとと思う。

でも他の人より顔真っ黒シワくちゃ老け顔で無ければ、もっとカッコイイと思う。

筋トレガンガンバッキバキ、筋肉ムキムキでカッコイイと思う。

それと同じくらい仕事バッキバキにやっていたら、もっともっとッカッコイイと思う。

へぇー!凄いですねぇーー!! とは言えるけど、いやぁ~酷いですねぇ~~!?とは言いたくても言えないからねっ。 何事もバランス良く、ホドホドに。  良い週末を。

#先輩 #上司 #仕事 #スポーツ #バランス #やりすぎ

麻生区柿生駅前 禅寺丸柿まつり

我が街、柿生が年に三回盛り上がるウチのひとつ。 だるま市、桜まつり、それと今日の柿まつり。

全然参加協賛出来てはいないのですが、宣伝だけは毎年シッカリやってますわ! 

少々古い街ですが、素朴でホントに良い街です。 まさか20年以上居座って商売するなんて、当初は全く思っていなかったぐらいですから。

未来を担う子供たちにも、是非この街を好きになってもらいたいものですわ。

雨、降りませんように。

#柿生 #新百合ヶ丘 #麻生区 #川崎市 #神奈川県 #柿まつり

ヨガも筋トレもランニングも皆一緒

ガッツリ筋トレ、ガッツリ踊ってガッツリ走って。 まさにブーム。 日本は平和だ。

以前もどハマりしていずれ飽きて、腹出て剥げる話しをした事があるが、飽きても飽き無くても、その先を見据えて指導出来ているのだろうか? お互い今だけマイブーム先が見えていなくは無いだろうか?!

チームにはコーチと監督がいるもの。 技術的なモノはコーチが教えるが、選手としての方向性は監督が指し示して導く。 だから指導。

今だけ楽しけりゃ良いというのなら、それは選手でも無ければアスリートでも無く、今風に言ったら、パリピ。 ストイックだとは勘違い。 本当にストイックな者は思慮深い。ドハマリとはワケが違う。

治療家や指導者は、望まれた物を提供するだけでは駄目だ。それじゃブローカーだ。 いや、優秀なブローカーに方に失礼だ。 

望まれたその先にあるもの。 其れがしっかり見えてこそ指導者。 やはり5年10年の経験じゃ無理だ。 だから監督はベテラン。 良い指導者に出逢える事を願う。

#ヨガ #筋トレ #ランニング #ピラティス #マラソン #トレラン

治療家として言ってはならぬ一言。

治療家として言ってはならぬ一言、やってはならぬ事がある。

「次いつ来れますか?」 「明日も来てくださいね!」 、毎日来させるなど、治療家として最低な事だ。  その意味すら分からぬのなら、残念ながら良い師に出逢えなかったのだろう。

年に1、2名、雇って欲しいと若い治療家の子がやって来る。 募集はしてはいないのだが、基本なるべく受け止めてあげるスタンスで接する。 まぁ、稀に例外もあるが。

技術以前に、その仕事のスタンスが納得できないと言ってやって来た子もいた。 来ている患者を来ていない事にして診療したり、来ていないのに来ている事にしたりと。人として納得できないと、このままではダメになると親にも相談して、辞めるべきかどうか悩んでいると相談に来た。

患者を来させる為に仕事するのではない。 患者を治す為に仕事するのだ。

そんな単純な事、患者の方がよく分かっている。 一昨日もある患者が笑って話していたが、「此処に週一治療に来て4回で1万円から1万4、5千円。 スポーツクラブの月会費とおんなじ。 2階でトレーニング出来て、メニュー全部院長が作ってくれて。 そもそも治療4時間ついてるからねっ!」 と。 最も嬉しいセールスポイントを。よくぞ理解してくださってる。

給料、金額、安近短。 目先の損得で安物買いの銭失い。 亡者とは金銭や色欲などの執念にとりつかれている人の事。 辞書でも 「金の亡者」「権力の亡者」 と例が出る。 特に若い治療家には、亡者にだけはならず仕事をしてもらいたいものである。

#マッサージ師 #整体師 #柔道整復師 #治療家 #鍼灸師